安価で美しいチラシ印刷

フライヤー

速く印刷できる技術

最近、フライヤー印刷印刷という言葉を耳にすることがあります。フライヤーとは、一言で言えばチラシのことです。英語では、fryer、またはfrierと表記します。フライヤーとチラシの厳密な違いはありませんが、街頭で配りやすいA4程度までがフライヤーと呼ばれ、新聞の折り込みなどのサイズの大きい物をチラシと呼ばれることが多いとされています。ただ、印刷会社によっては、フライヤーとチラシを明確に分けている所もあります。そのフライヤーを印刷する手段であるフライヤー印刷ですが、その強みはオフセット印刷の技術にあると言われています。平版印刷とも言われるオフセット印刷の特徴は、印刷した際の反面に凹凸が見られない点にあります。印刷方法としては、複数の転写工程の後にインキを紙に転写するやり方です。フライヤー印刷で印刷された物は、写真やイラストが非常に鮮やかで美しい仕上がりになります。そのため現在では書籍や商業印刷に至るまで、幅広くフライヤー印刷が利用されています。フライヤー印刷は、仕上がりが美しいだけでなく、改版も楽にできます。チラシの内容に変更があった場合でも、高額な改版料が生じることなく変更できるのも、この印刷方法の長所と言えます。フライヤー印刷を請け負っている会社では、印刷だけでなく、様々な加工も行ってくれます。一例として、穴あけ加工やPP加工、折り加工等があります。また、最近では、背割れ防止折り加工などの高度な加工も請け負ってくれます。