紙

フライヤー製作とは

宣伝に使ったり街頭で配ったりするチラシを作りたい場合は専門の業者への依頼をおすすめします。この業者はフライヤー印刷という名前で営業しているところが多く、依頼したい場合はこの名前を検索にかけると良いでしょう。

インク

小ロット当日発送も可能

フライヤー印刷はネット印刷がコストパフォーマンスがよく利便性が高くなっています。入稿当日の発送まで対応しているので、業務の内容の変化に合わせてすぐに新しいフライヤーを用意することができます。小ロット印刷ができるので小規模な事業でも使いやすくなっています。

フライヤー

企業における印刷物発注

チラシ・フライヤー印刷物は時代を表していると思う。その時代時代によって流行り廃りがありそれは印刷物にも反映されている。そのような環境の中で、印刷業者の弛まぬ努力により日本は技術等トップクラスであり日本の誇れる産業である。今後もさらに成長してほしい。

メニュー

印刷機

フライヤーの作成はプロに

フライヤー印刷を専門業者に頼みたい場合は、デザインを自分たちで用意できるかどうかで、選ぶべきところが決まります。できるのならデータ入稿対応のところを選び、できないのなら専属デザイナーがいる業者を選択しましょう。

色見本

注文をするときのポイント

フライヤー印刷とは、広告物(チラシ)のことをいいます。大抵はA4サイズ1枚物のことを指します。紙質によっても異なりますが、100部から注文でき、Illustratorなどの専門性の高いソフトを導入しなくても、規定に沿ってつくられたデータをPDFで入稿することで簡単に注文できるサイトもあります。

紙を持つ人

チラシの配布には最適

飲食店の宣伝活動でチラシ配布を行うなら、色の表現性が高いフライヤー印刷を業者に発注すると良いでしょう。紙質やサイズも豊富で、100部からの少部数発注に対応する業者も存在しており、宣伝の目的や規模に合わせて利用できます。

フライヤー

安価で美しいチラシ印刷

フライヤー印刷のフライヤーとは、チラシの事を意味します。フライヤー印刷の長所は、速く印刷できる技術と美しい仕上がりにあります。現在では、書籍を初めとして、商業印刷まで幅広く利用されています。現在のフライヤー印刷では、印刷と同時に様々な加工も請け負ってくれます。

業者での印刷手順

印刷機

印刷のポイント

フライヤー印刷を行うときには、印刷業者へ依頼すればクオリティの高いフライヤーを完成させることができます。業者へフライヤー印刷を依頼するときには、まずデザインを作成しなければなりません。デザインに関する知識が全くない場合、デザインだけを受注することも可能です。チラシやフライヤーなどのデザインを依頼することができる業者や、デザイナーと仲介してくれるサイトなどもありますので利用してみましょう。フライヤーのデザインが完成したら業者へ印刷の申込みを行います。業者によって印刷料金が異なりますので複数の業者の料金を比較しながら決めた方が良いかもしれません。ネットで印刷の申し込みが行える業者では格安料金でフライヤー印刷が行います。また印刷する部数が多ければ1枚あたりの価格も下がるので、まとめて印刷することをお勧めします。印刷業者によって入稿の仕方が変わってきますので注意しましょう。ネット印刷を行う場合は基本的にデジタル入稿となります。入稿できるファイル形式が決められているケースがほとんどですので、業者を決めたら入稿に関するルールはしっかりと把握しておいてください。フライヤー印刷だけではなくチラシなどの印刷に関しても言えることなのですが、納品日数によっても料金は変動します。即日入稿を希望する場合可能なのですが料金が割増になることが多いので注意しましょう。フライヤーを印刷する場合は日数に余裕をもって依頼した方がお得です。